その他の外国ニュース 医療 生活 健康

カナダ人の男性ビタミンの過剰摂取で急性腎不全になる

投稿日:

過剰に摂取されたビタミンは体に残らず体外に排出されるという話を御存じでしょうか?

結構有名な話なので御存じの方も多いかと思いますが、実はこれ、必ずしもそうではないようです。

体外に排出されるはずだったビタミンが体に溜まり、不調を訴えるケースが報告されました。

身体に良いはずのビタミンが身体に不調を起こすとはにわかには信じがたい話ですが、どうやら本当の話の様です。

 

 

犯人はビタミンD

※写真はイメージです

今回報告に挙げられたのはカナダ在住の54歳の男性です。

この男性は東南アジアを旅行して帰国した後に、かかりつけ医による診察を受けました。

検査の結果、男性の血液は血中クレアチニン値の以上から急性腎障害が疑われ、腎臓専門医のもとに緊急で紹介され、更に詳しい検査を受ける事になりました。

検査の結果、男性はビタミンD欠乏症や骨量減少の症状が無いにも関わらず、自然療法医から高用量のビタミンDを処方されていたことが判明しました。

成人におけるビタミンDの1日当たりの許容摂取量は400~1,000IUとされており、骨粗鬆症リスクの高い人や高齢者の場合、それを上回る摂取量(800~2,000IU)が推奨されています。

しかしこの男性は、30カ月にわたって毎日、1日当たり計8,000~1万2,000IU相当量のビタミンDの液体サプリメントを服用し続けていたそうです。

つまり、この男性はこれらの基準をはるかに超えるビタミンDを摂取し続けた結果、血液中のカルシウム濃度が極端に高くなり、急性腎障害を引き起こしたものと考えられるそうす。

しかも旅行中は現地で、2週間にわたり1日6~8時間も日光浴をして過ごしていたそうです。

ビタミンDは人間が体内で作る事の出来るビタミンです。

その条件は”日光を帯びる事”であり、この男性の場合、旅行中は長時間日光にさらされる環境で過ごしていたことを考えると、

サプリメント無しでも十分なビタミンDを生成出来ていたものと考えられますが、

サプリメントを摂取した事により、それが極端に過剰な状態になってしまったようです。

 

薬も過ぎれば毒となる典型

今回のケースは、正に薬も過ぎれば毒となるの典型だと言わざるを得ません。

お酒に代表される様に、適量で有れば有用なものでも過ぎれば身体を壊す毒になってしまうわけです。

健康に必要とされるビタミンであってもその例にもれず、過剰に取ってしまうとあなたの健康を害してしまいかねないという事です。

-その他の外国ニュース, 医療, 生活 健康
-, , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.