国内ニュース

珍しい事だらけ!"令和"の由来は万葉集。日本の古典からの出典は初!譲位も約202年振り

更新日:

 

本日から元号が"平成"から"令和"へと変わりましたね。

この"令和"ですが、出典が万葉集からとなっており、

元号としては初めて中国の古典ではなく、日本の古典から選ばれました。

そういう意味でもこの"令和"は日本人にとっては想い入れの深い元号になりそうです。

 

 

 

そもそも元号ってなに?

そもそも論な話ですが、元号って何でしょうか?

調べてみると、日本語辞典では以下の様に記載されていました。

げん‐ごう ‥ガウ【元号】

〘名〙 中国、日本などで、ある時点から起算して年数を計算するための特定の称号。「大化」「昭和」の類。一般には天皇が元号を制定する特権をもつとされて従ったが、これを拒否して私年号・偽年号を用いる者もあった。また、明治以前は天皇一代に何度も改元することが多かったが、明治以後は一世一元と定めた。年号。

※皇室典範(明治二二年)(1889)一二条「践祚の後元号を建て一世の間に再び改めざること明治元年の定制に従ふ」 〔漢書‐李尋伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典

 

つまり今の日本における元号とは、天皇が即位してからの年数を数える為の"単位"に近いものとなります。

西暦が世界的に浸透している現代において、日本以外では大きな意味を持たない元号ですが、

日本国内においては時代を代表する重要な名前です。

と言うのも、日本人はこの元号を基に時代を区切りますし、

過去を振り返る際にその区切りを用いる事が多いからです。

代表的なのは、

"明治"は近代化を推し進めた時代だった

"大正"は民主主義を目指した大正デモクラシーが起こった

”昭和”は戦争の多い時代だったが、終戦から経済的にも凄く発展した時代だった

等々、それぞれの時代に特色を持たせて語る事が多いです。

なので、日本人にとって元号=時代の区切りと言っても過言ではありません。

 

元号の決め方

元号の決め方については『元号法』と呼ばれる法律で定められており、「元号は、政令によって定める」とされています。

政令を定める事ができるのは内閣なので、当然内閣が元号を決める事になるわけです。

しかしその決定方法には明確な決まりはなく、前例を基に選定のための閣議を行って決定する事が多い様です。

ちなみに平成が決まったときにも、当時の小渕総理が有識者から新元号の候補を募ったのち、有識者会議や閣議を経て決まったといわれています。

 

ちなみに、元号を平成にする時の決め方は

・漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者を集めて元号の候補を考案
・候補を基に内閣官房長官が選定
・選定された候補を閣議で協議
・国民を代表するという形で衆参両院議長から意見を聞く
・再度閣議にかけて決定

と言う流れで行われており、今回の"令和"についても同じ流れで決定しています。

 

 

元号制定の条件

元号の候補を出す際に、なんでも良いのか?というとそうではありません。

実は元号の制定にはしっかりと基準となる決まり事が存在します。

その決まり事とは

・国民の理想としてふさわしいような良い意味を持つものであること。
・漢字2字であること。
・書きやすいこと。
・読みやすいこと。
・これまでに元号またはおくり名として用いられたものでないこと。
・俗用されているものでないこと。

とされており、これを基に元号の候補を選ぶわけですが、

今回はその元号を選ぶ際に使用された資料が"万葉集"だったわけです。

 

今までは何から選んでいたのか?

今までの元号は中国の古典より出典されており、直近の時代で見ても

 

明治

中国の四書五経のひとつ「易経」の「聖人南面して天下を聴き、明にむかいて治む」から。

「聖人が北極星のように顔を南に向けてとどまることを知れば、天下は明るい方向に向かって治まる」という願いより。

 

大正

中国の四書五経のひとつ「易経」の「大亨は以って正天の道なり」から。

「天が民の言葉を嘉納し、政治が正しく行なわれる」という意味。

 

昭和

中国の四書五経のひとつ「書経」の「百姓昭明、協和万邦」から。

「国民の平和と世界の共存繁栄」との願いを込めた元号。

 

平成

中国の歴史書「史記」の「内平かに外成る」と、四書五経のひとつ「書経」の「地平かに天成る」から。

「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味。

 

 

 

万葉集ってなに?

万葉集とは、日本最古の和歌集です。

和歌とは中国の漢詩に対して日本の詩歌で有ると言う意味。

万葉集に載っている和歌の中には"百人一首"にも使用されているので、

それと知らずに目にした事は有ると思います。

基本的に5音-7音-5音-7音-7音で構成されており、詩の中に季語を含まなければなりません。

これを5音-7音-5音にしたのが俳句で、季語を含まない物が川柳となります。

 

 

"令和"の意味ってなに?

令和は、万葉集の「梅花の歌三十二首」の序文にある「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」取られ、

その意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」となります。

 

"令和"って実は珍しい

実は"令和"って2つの意味で珍しい特徴があります。

1.元号の出典が日本の古典である事

これは既に記載している通り、これまで中国の古典から元号の候補を選ぶことをせず、日本の古典より選び出した事です。

新元号発表の際には、一部で"脱中国!"等と盛り上がった程で、それだけ今回の元号の由来は珍しい物です。

 

2.平成天皇存命中の生前退位による令和天皇即位である事

明治時代より天皇とは終身制であり、生前退位が認められていませんでした。

そうでなくても平成天皇までの202年間に渡り生前退位は行われておらず、

今回の今回行われた譲位は、歴史的に見ても可なら珍しいケースとなります。

 

 

さよなら平成

平成と言う時代が幕を閉じました。激動といって差し支えの無い時代であったと思います。

国内外の2度にわたる経済落ち込みを経験し、少子化や高齢化等の色々な社会問題も浮き彫りにされてきた時代でした。

令和という時代はまだ始まったばかりで、どんな時代になるのかはわかりませんが、

そこに込められた願いの通りの良い時代になる事を願います。

-国内ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.