国内ニュース

元号詐欺の対策法!令和への元号改正で騙されないために今すぐすることまとめ

投稿日:

新元号公表!見えてきた平成の終わり

 

新元号ついに発表!

2019年4月1日ついに平成にかわる新元号が発表されました。

新しい元号は"令和"となり、2019年5月1日からの施行となります。

平成から令和に変わる”改元”ですが、改元によってどのような影響が有るのでしょうか?

 

元号が変わる事の影響

病院や公的機関は対応に苦労しそう

前回改元が有ったのは昭和から平成に変わった時の約30年前です。

その際に起こった事と言えば、

・硬貨や紙幣等の元号の変更

・役所等公的機関の申請書等書類の差し替え

元号を使用しているシステムの修正

とまぁ、大きな事と言えば公的機関等のモノが多いです。

 

一般家庭への影響は少ない?

一般レベルのお話では、これと言って変更を求められる事は無いようですが、

元号が変わる事によって行われるシステム改修等の影響で、病院や公的機関の利用に影響が出るかもしれません。

その点だけは今から各自治体やかかりつけの病院等に確認しておく方が良いでしょう。

また、個人的にも気になるのが"平成"の元号が使用されている免許証の切り替えが必要かどうか、と言ったお話ですが

2019年4月1日現在で言えば、警察庁からは改元に伴う免許証の切り替えは求められていないようなので、

今の所は通常の免許更新の際に切り替わると思っておいて問題はなさそうです。

ただ、改元に伴って免許証の表記の仕方で少し変更があるので、改正直後に免許証の更新を行う方は注意が必要です。

表記の変更と言っても、今まで有効期限を元号で表記していたものを、今後は西暦も併せて表記する事になっただけなので、

大きな違いは無いですが、表記が違う事で多少なりと違和感を感じるかもしれません。

 

新元号への改元前後で気を付ける事

改元詐欺に注意

新元号への改元を目前として、それを利用した詐欺が報告されています。

手口としては全国銀行協会を装った封書をおくりつけ

元号の改正による銀行法の改正に伴い、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用キャッシュカードへ変更する手続が必要となります

同封の『キャッシュカード変更申込書』に取引銀行、口座番号、暗証番号を記載し、現在お使いのカードを返送してください”

等として暗証番号とキャッシュカードをだまし取ろうとするものだそうです。

金融庁からも”全国銀行協会や銀行員が暗証番号等を尋ねることは一切ありません。”との告知が出ていますので、

そのような電話や封書が届いても無視するか、直ぐに電話を切る等の対応をして下さい。

 

天皇陛下の写真集の販売

こちらは電話で"退位する天皇陛下の写真集は今しか購入できません"などと謳い、

4万円前後の高額な商品を買わそうとする手口です。

そもそもそのようなものは公的なお知らせもなしに一般の会社が販売できるはずもないので、

電話が来ても取り合わず、強制的にモノが送られてきてもお金を払う前に警察に届ける・相談する等の対応をして下さい。

この手の犯罪はお金を払ってしまった場合取り戻すのが大変困難となります。

変だと思ったらまず警察や消費者センター等に相談してみて下さい。

また、この改元詐欺は写真集以外にも、同様の手口で掛け軸や仏像等を改元を理由に売りつけようとする場合もあるようです。

おそらく、今後どんどん商品が増えていくと予想されます。

"元号改正に伴う~""平成最後の~"等を謳い文句にしている商品のセールスについては、当分疑ってかかる位が丁度良いのかもしれません。

 

-国内ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.