中国 爆発

中国で下水管が爆発

更新日:

爆発大国中国

中国と言えば爆発大国ですよね(謎)

天津港の大爆発事件はまだ記憶に新しいかと思いますが、過去にも色々と爆発しています。

※チャイナボカンで検索してみると沢山出てきます。

例えば

胸ポケットに入れていた携帯のバッテリーが爆発。

スイカが爆発。

ケーキのろうそくが爆発。

他にも花火工場や飲食店なんてのもありますが、もうそれが普通に思えるレベルで色々なものが爆発しています。

果物で言えばスイカを例に挙げましたが、他にもブドウにトマト、ザクロ等、例を挙げるだけで1日が終わりそうな気がしてきます。

 

今回ご紹介したいのは"下水管"です。

 

中国で下水管が破裂

 

事の起こりは2019年1月30日の午後7時頃

春節(旧正月)も近い年の瀬の内モンゴル赤峰市で一人の男の子が花火で遊んでいました。

火のついた花火を持ち歩きなが楽しそうにらうろうろ...

その時好奇心からか遊びの一環なのか、目についた下水道のマンホールの穴に花火を突っ込んだのですが、

数舜の間をおいてマンホールの周辺が突如爆発!

大音響と共に、大量の舗装用の煉瓦とマンホールの蓋を吹き飛ばしました。

幸いにして怪我人などは出なかったようですが、飛散した煉瓦やその破片で周囲の車には少なくない被害が出たようです。

この件については、怪我人も居なかった事から警察からは子供の両親への厳重注意だけで済んだようですが、

補償については、その監督不行き届きな両親が払う事になったそうです。

大事が無くて良かったと言うべきか、こうなる前にどうにかできたんじゃないかと言うべきなのか...

どちらにしても、“自分の子供位しっかり見とけ!”と言うのは確かですね。

ちなみに下記の動画の中では子供は1歳2カ月位だと言われています。

親の教育方針はともかくとしても、子供が大怪我を負うことなく済んだのは正に不幸中の幸いだと思います。

 

 

-中国 爆発

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.